Cover Photo


サイボウズ式は「新しい価値を作るチーム」のためのメディアです。


「モチベーション高く働くためには、個人のビジョンを持つことが大切」
小杉湯の平松さんはこう言います。さらに

「個人のビジョンは、自分のためにやるのと
"自分の物語のため"にやるのでは、全然意味が違う」とも。

自分のためだけだと、利己的に陥りがちですが、
自分が主人公の物語を生きるのであれば、
物語の舞台である会社や、
登場人物である同僚や上司、お客さまとの関係性が
大切になってきます。

『自分の物語を生きよう』という言葉は、
「for me」でもあり、「for you」
にもつながってきます。

そこで、サイボウズ式Meetup Vol.9 関西では、
『自分の物語を生きる』をテーマに、
『自分の物語』を語り合います。

「今、どんな物語のなかで生きているのか?」
「これから、どんな物語を描きたい?」
「この物語のハッピーエンドって、何だろう?」

サイボウズ式のメンバーや参加者で語り、
お互いの物語を応援しあえる仲間が
できたらと考えています。

今の段階で、『自分の物語はコレ!』と
描き切れてなくても大丈夫。
自分の物語について考えるきっかけになれば幸いです。


働き方や自立、生き方という観点を元に、

このMeetupで、いっしょ自分の物語を考えてみませんか?


関西のみなさん。ご参加、お待ちしています!

Icon25
サイボウズ株式会社 コーポレートブランディング部 サイボウズ式編集長。編集視点で会社のブランドを作ることを目指し、今年はコミュニティ運営に注力。複業で事業会社のメディア運営を支援しつつ、オンラインコミュニティやサロンの活動にも参加。会社以外の場所でゆるやかなつながりを結んでいくことに挑戦中。故郷の大阪や関西で複業がしたいと思っている人。(Twitter:@saicolobe


Icon31

1992年生まれ、 京都出身。 2015年に新卒でサイボウズに入社し、 1年半製品プロモーションの経験を経たのちコーポレートブランディング部へ異動。 現在は「サイボウズ式」の企画編集や、 企業ブランディングのためのコンテンツ制作を担当している。 2018年1月から複業でフリーランスの編集者/ライターとしても活動を行っている。(Twitter: @akyska

Icon60
1991年、京都府生まれ。

コミュニティマネージャー・コミュニティプランナー。新卒でユニクロ→スポーツイベント会社→IT企業と渡り歩き、現在企業に勤めながら個人の活動で、複数のコミュニティに関わっている。Wasei Salonコミュニティマネージャー/サイボウズ式第2編集部メンバー/SUSONO/えぶりシティ。noteでコミュニティマガジン運営中。フレスコボールというスポーツの日本代表選手も務める。

Icon65
1984年、熊本県玉名生まれ。ブランドエディターとして、企業やブランドへの共感・愛着の輪を広げる活動を様々な業界の企業に対して実施。座右の銘は『夢中には勝てない』。好きな企業はIKEUCHI ORGANIC、ヤッホーブルーイング…など。複業として「朝渋」と「銭湯再興プロジェクト」でコミュニティづくりを実践中。また『コルクラボ』でコミュニティやファンづくりについて勉強中。『サイボウズ式』では、小杉湯の記事を書かせてもらいました。

Icon69
1984年、愛媛県松山市生まれ。

2007年よりアパレル業界で働き始める。生産事務、販売、OEM企画営業といった様々な職種と職場を経て、現在は全国に30店舗を持つアパレルSPA企業の生産部チーフ職を務める勤め人。旧態依然とした働き方が跋扈するアパレル業界において、他業界の事例や手法、ツール等を取り入れた新たな働き方を日々模索している。


2018年8月18日(土)15:30-19:00

(受付開始 15:00)


15時開始と記載しておりましたが、15時30分開始でした。表記を訂正いたしました。



サイボウズ大阪オフィス


〒530-0017
大阪府大阪市北区角田町8番1号 梅田阪急ビルオフィスタワー 35階

詳しい地図はこちら



無料(先着50名)

募集終了しました

10名増席しました!

軽食とドリンク(お酒、ソフトドリンク)をお出しする予定です。ぜひ手ぶらでお気軽にご参加くださいませ。


・15:00 受付開始

・15:30 イントロダクション
 ・編集部からの挨拶
 ・テーブルごとに自己紹介タイム

・15:40 トークセッション:「自分の物語を生きる」って?
 ・記事の裏側や、過去記事から「自分の物語を生きている人」をご紹介
 ・サイボウズ式編集部が考えた「自分の物語」の共有

・16:30 ワークショップ『「自分の物語」を考えて、語ってみよう』
 ・「自分の物語」を考え、参加者の人たちに話すことで、「自分の物語」をより深く理解する

・17:20 懇親会


・18:30 クローズ


募集を終了しました。